希少革!エキゾチックレザーの中でも人気の象革。オーダーメイドで制作した革製品をご紹介!エレファントvol.1

お久しぶりです!


BURTMUNROの片野坂です!

ブログに舞い戻ってきました。


早速復活のブログを書きたいと思います。


今回のテーマは、、、


パンチの効いたタイトルにある

【象革】です!!

BURTMUNROの数ある革素材の中でも

希少価値も高く、一際存在感を放つ象革。


エキゾチックレザーの代表格と言っても

過言でない革素材。


まずは一枚写真をご覧ください!




象革のカラーバリエーション。


以前は、グレーと黒の2色展開でしたが、

現在はなんと8色展開!!


人気のカラーは、黒、グリーン。

こちらの2色が頭出てます!!


店舗に象革が到着した時は、

毎度写真撮影をしております。



それぞれ個性的な表情。

まさに唯一無二、十匹十色。


革素材としては、かなり魅力があります。


例えば、他にはない撥水性の高さ!


象自体がアフリカの乾燥地帯に生息している動物。


その土地に生きるという事からも、

皮膚が乾きやすい状態になっている。

と言う点から、


撥水性が高いと言えます!


また頑丈な皮膚は、柔らかさがありつつも

タフさも持ち合わせる。いいとこばかり。


製品に象革を用いた場合、

もちろん魅力の詰まった品に変身します。


後程ご紹介致します!


さて、いきなりですが、

象革、昨今輸入量の減少から希少価値が

高まっております。



誰しもが、一度は聞いたことありますかね…


【ワシントン条約】


希少な動物を絶滅の危機や乱獲などから守る為の条約と個人的には認識してます。


ちなみに本当かどうかは明確ではないですが、

ジンバブエと言う国が象革の物流の要と

聞いたことがあります。


今後の世界情勢も気になる所ではありますが…


特に個人的には物流、貿易面を気にしていますが、可能な限り対応し続けていく次第であります!


っと話が反れて行ってるのに気付いたので、


軌道修正。


さてお待ちかね!


象革使用のオーダーメイド

制作させて頂きました品をご紹介したいと

思います!


まず先頭は、、、


こちらっ。




スマホケースのオーダーメイド品。


外装にばっちり象革のクロを使用しました。

現代、手放す事の出来ないスマホ。


そんなスマホを優しく包み込む贅沢な一品。


ちなみに内装はこちら。




内装は、BURTMUNROのメイン革素材であるイタリアの銘革ブッテーロ。


カラーはイエローをチョイス。


ブラック&イエローのカラーコンビ、

色のメリハリがあってかっこいい。



ちなみに、、、



もう一品ご紹介!!



一目瞭然のこちらっ!



なんとこちらをご注文頂いたお客様、

名刺入れも同時にご注文頂きました!


ありがとうございます!!


気になる内装構造は、


こちらです!




オーダーモデルは、既製品である

カードケースタイプ2をベースに

セレクトオーダーのシステムで

お好きな革素材、カラー、仕立て方法を

お選び頂き、完成!


そんなこんなで、タイトルにもvol.1とあるように、今後も様々な革製品をご紹介していきますので、今後もどうぞお付き合い下さい!


今回はここまで。


また次回のブログでお会いしましょう!!


最後までお読み頂き、ありがとうございます!


Archive
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Instagram Social Icon
  • Twitter Basic Square